さだぼうの実験室ロゴ
Home > GCalc
Home   |  GCalc   |  ComponentsSimulations我が家へようこそ

GCalc-Plusの紹介
Gcalc-Plusは関数式を入力するだけで二次元・三次元のグラフが作成できる数式グラフ化ソフトウェアです。 グラフ電卓と同じように、簡単に操作できるうえに、美しいグラフが描けます。

  2020.01.20  バージョン3.40をアップしました。

GCalcメインフォーム

次の関数をプロットしたグラフが簡単に作成できます。 描画例
種類 入力式
2次元(平面)
陽関数のプロット正弦波Sin[x]
媒介変数関数のプロット{Cos[t],Sin[t]}
極座標関数のプロットらせん r = t
陰関数のプロットだ円x^2 / 4 + y^2 / 9 == 5^2
等高線のプロット馬の背x^2 + x * y + y^2
領域(不等式)のプロット - {x^2 + y^2 < 5^2, y > x}
密度のプロット - Mandelbrot[x,y,40]
場のプロット - {x , y}
複合プロット - -
3次元(立体)
直交座標曲面のプロット - Exp[-(x^2 + y^2)]
球面座標曲面のプロット1
円柱座標曲面のプロットコーンz
媒介変数座標曲面のプロット - {Cos[u], Cos[u]Sin[v], Sin[v]}
陰関数表面のプロット - x^2+y^2-z^2/2==1/2
空間曲線のプロット立体螺旋{Cos[t], Sin[t], t/5}
回転体表面のプロットトーラス{3+Cos[t], 3+Sin[t]}
3Dベクトル場のプロット - {-y, x, 1}
複合プロット - -
スライダをつけて、グラフを動かすことができます。
 スライダーでグラフを動かすもご覧ください。
関数グラフのアニメーションが作成できます。
それを GIF アニメとして保存できます。
新たな関数を定義して使うことができます。
豊富な組込み関数を持っています。
■ 三角関数などのほかに,和の(Σ)計算ができる関数 Sum があるので、 簡単に級数のグラフが描けます。
■ 導関数を求める関数を追加しました。(ver 1.25)
■ その他、リストを作る関数 Table など便利な関数が組み込まれています。

[グラフデータ入力]フォームに、[数式表示ウインドウ]を追加しました。(ver 3.20)

データ入力フォーム

     
  • [数式表示ウインドウ]は[入力エディタ]の入力を、リアルタイムに数学の教科書に見られる形式の数式に変換して表示します。 変換は、分数、根号、指数、対数、微分記号、和と積の記号に対応しています。
  • 見慣れた数式で表示されるので、入力がしやすく、GCalc-Plusが入力をどのように解釈しているか理解しやすいと思います。 以下は、数式表示の例です。

  • この機能の実装には、Grigoriev Antonさん(ロシア)による 、ExprDrawユニットを使わせていただきました。
Topへ

描画例

  
2次元陽関数 y = Sin[x]/x 2次元媒介変数のプロット
2次元極関数 r = t 2次元陰関数のプロット
2次元領域のプロット 2次元等高線のプロット (x-y)*Exp[-(x^2+y^2)]
3次元媒介変数曲面 トーラス 2次元密度プロット ジュリア集合
2次元場のプロット {y*Cos[x*y], x*Cos[x*y]}2次元のアニメーション Sum[Sin[n x]/n, {n,1,m}]
FieldPlot      
3次元陽関数プロット Exp[-(x^2+y^2)] 3次元球面関数のプロット {1, 2}
3次元円柱座標のプロット z 3次元媒介変数関数のプロット トーラス
3次元空間曲線のプロット z 3次元のアニメーション 水面波の干渉
干渉のアニメ
3Dベクトル場のプロット 3次元複合プロット 球と円柱の重ね描き
3Dベクトル場 3次元の複合グラフ

Topへ

ダウンロード

圧縮ファイル版

for windows Vista,7, 8, 10容量日付下のボタンをクリック
GCalcPlus340.zip 2.25 MB2020/01/19

インストーラー版

for windows Vista,7, 8, 10容量日付下のボタンをクリック
GCalcPlus340.exe 2.18 MB 2020/01/19

*ソフトウェアは公開前に最新のワクチンソフトでウィルスチェックをしています。

インストール

圧縮ファイル版

ダウンロードしたら,圧縮ファイルを右クリックして、[プロパティ] ダイアログを開きます。 その下部にある [ブロックの解除] をクリックし、[OK] でダイアログを閉じます. 一般に,インターネットからダウンロードしたファイルはこの処理が必要です。
そのあとに、圧縮ファイル GCalcPlus340.zip を書き込み権限のあるフォルダに移動して展開してください。
展開してできたファイルのうち、 GCalcIconGCalcPlus.exeが実行プログラムファイルです。
  

実行後の設定について

  • データファイル *.GCP とプログラムとを関連付けるには

    エクスプローラで.GCPの一つを選択→右クリック→プロパティをクリックし、 プログラム項目の変更ボタンを押します。開いたウインドウで、「その地のアプリ」→「このPCで別のアプリを探す」の後に 開いたエクスプローラでGCalcPlus.exeをクリックします。(windows 10 の場合)

インストーラー版

 
インストーラー GCalcPlus340.exeを実行してください。設定はレジストリに保存されます。

アンインストール

圧縮ファイルを展開したフォルダを選択して、削除してください。
インストーラー版の場合は、ウインドウズの[設定]→[アプリ]からGCalc-Plusを選択して、 アンインストールを実行してください。
Topへ

バクレポート

2019/12/30

3Dのベクトル場で不具合があります。アイコンがフォルダの画像、グラフの説明文がおかしい。 グラフの変更ができず、照明を使った他のグラフの描画がおかしくなる。 また、他のグラフから切り替わった時に、枠だけが表示される ( これはグラフをクリックすると、きちんと表示されます )。
→バージョン3.40で修正しました。

2019/11/20

List[[2]]の構文が数式表示ウインドウに表示されない。2020/01/17現在未修正です。

2019/11/07

2次元グラフを拡大モードで表示すると、一部の線が描画されない。また、この状態で でグラフをダブルクリックすると、グラフエディタが開くがマウスがグラフにクリップされてしまう。
→バージョン3.30で修正しました。

218/07/23

インストールファイルGCalcPlus320.exeに間違いがありました。 GCalcPlus321.exeをダウンロードして下さい。

2017/12/05

領域のプロットで「プロットの変更」を実行すると、エラーを知らせる ウインドウが表示される。バージョン3.10で修正しました。

2017/11/18

無限大となる関数を用いてグラフをプロットすると、プログラムが応答しなくなる。   例えばCot[x]で範囲が0から始まると、このエラーが起きました。  バージョン3.00で修正しました。

2015/10/17

ワイヤーフレーム(三次元表面のグラフ)の描画に問題がありました。

2015/09/20

『計算』ページにおいて、既存の入力を変更して評価すると、  場合によりエラーが表示され、プログラムが応答しなくなる。

2010/07/04

ヘルプの記述ミス。微分 D の記述に間違いがありました。
・間違い『D[expr, x, n]はexprを変数xでn階微分した結果を返します』→正しくは、D[expr, {x, n}]です。
・組み込み関数 Log の記述に間違いがありました。
・間違い『Log[x, b]は底をbとする xの対数を返します』→正しくは、Log[b, x]は底をbとする xの対数です。 (himajin100000さんの指摘による)

更新履歴

2002/05/26 version 1.01 ライブラリアップ
1.01 -> 1.42  
・ windows XP のビジュアルスタイルに対応。
・数式パネルを実装した。
・設定をレジストリに保存するよう変更。
1.45.02 -> 1.46.01  
・数式の構文解析にあったバグを直しました。
・リスト処理関数に、First, Last, Part, Rest を追加しました。
1.46.02 -> 2.01  
・大きな整数を読み込みときのバグを直しました。
・3次元のグラフに対応しました。
・Windows Vista, 7 に対応しました。
2.50 -> 2.55  
・3次元グラフの「プロットの変更」で設定範囲が更新されない等の不具合を修正しました。
・アニメーションの3次元グラフを編集しても、変更が反映しない不具合を修正しました。
・ベッセル関数 BesselJ[n,x] BesselY[n,x] を追加しました。
・「計算ページの不具合を修正しました。
2.56 ->
・ワイヤーフレーム(三次元表面のグラフ)の描画方法を見直しました。
3.00 ->
・圧縮ファイルで公開するように変更。設定をレジストリに保存することをやめました。
・二次元のグラフの描画方法を GDI+ を使って全面的に見直しました。
・グラフを画像としてファイルに保存できるようにしました。
3.10 ->
・変数範囲が定義域外にある場合の関数(例: 引数が負の平方根など)のグラフも描くようにしました。
・平面の陽関数及び陰関数のプロットで、不連続な関数(例: Tan[x]やRound[x]など)であっても余分な 境界線なしに不連続のまま表示するようにしました。
・平面のグラフを枠で囲むことができるようにしました。
・アニメーションのグラフを、Gifアニメとして保存する機能をつけました。
・データフォームの変数範囲の入力をコンボボックスに変えて、リストから選択できるようにしました。
3.20 ->
・[グラフデータ入力]フォームに、[数式表示ウインドウ]を追加しました。
3.30 ->
・関数の引数を普通のカッコ ( ) で囲めるようにしました。
・三次元空間のベクトル場を表す、3Dベクトル場のプロットを追加しました。
・密度のプロットや立体のグラフで使えるカラーマップをいくつか追加しました。
3.40 ->
・スライダーによってパラメータを変えて、グラフを動かせるようにしました。
Topへ