さだぼうの実験室ロゴ

Last Modified : 2018/07/09

さだぼうの実験室では、物理や数学に関するアプリケーションやそのために作った Delphiコンポーネントなどを紹介しています。
カウンター カウンター
Since 2002/07/20
Home  |  GCalc   |  ComponentsSimulations我が家へようこそ

GPGCalcIcon GCalc-Plus 3.20

   最新版 GCalc-Plus 3.20をアップしました(2018/07/09)。

  • [グラフデータ入力]フォームに、[数式表示ウインドウ]を追加しました。  

    データ入力フォーム  

  • [数式表示ウインドウ]は[入力エディタ]の入力を、リアルタイムに数学の教科書に見られる形式の数式に変換して表示します。 変換は、分数、根号、指数、対数、微分記号、和と積の記号に対応しています。
  • 見慣れた数式で表示されるので、入力がしやすく、GCalc-Plusが入力をどのように解釈しているか理解しやすいと思います。 以下は、数式表示の例です。

  • この機能の実装には、Grigoriev Antonさん(ロシア)による 、ExprDrawユニットを使わせていただきました。  
  • 作成されたグラフの上部にも、[数式表示ウインドウ]と同様の数式を表示するようにしました。

GCalc活用研究  のページを作りました。

  「Gcalc-Plusでこんなことができる、できた」という報告を掲載します。
  
3次元陰関数曲面 (x^2-1)^2+(y^2-1)^2+(z^2-1)^2 == 1.5   2次元密度プロット マンデルプロ集合
  • 三次元の直交座標曲面、球面座標曲面、円筒座標曲面、陰関数表面、媒介変数曲面、空間中の曲線が描けます。
  • 二次元の陽関数、媒介変数関数、極関数、陰関数、領域(不等式)、ベクトル場、密度表示にも対応。
  • Windows XP, Vista、7、8、10 に対応。
Delphi Components
自作のコンポーネントです。主に GCalc 作成のとき必要に迫られて作りました。

Simulations
物理の授業で使える(!?)簡単なプログラムです。Delphi 5 で作成しました。
シンセサイザーもどきやドップラー効果のデモなどがあります。

我が家へようこそ