さだぼうの実験室ロゴ

Last Modified : 2018/04/01

さだぼうの実験室では、物理や数学に関するアプリケーションやそのために作った Delphiコンポーネントなどを紹介しています。
カウンター カウンター
Since 2002/07/20
Home  |  GCalc   |  ComponentsSimulations我が家へようこそ

GPGCalcIcon GCalc-Plus 3.10

   最新版 GCalc-Plus 3.10をアップしました(2018/03/29)。

  • 変数範囲が定義域外にある場合の関数(例: 引数が負の平方根など)のグラフも描くようにしました。 これまでにエラーが発生していたところを無視するように変更しました。
  • 平面の陽関数及び陰関数のプロットで、不連続な関数(例: Tan[x]やRound[x]など)であっても余分な 境界線なしに不連続のまま表示するようにしました。 グラフエディターで「漸近線で結ぶ」をチェックすることにより、漸近線を描かせることもできます。
  • 平面のグラフを枠で囲むことができるようにしました。  
  • アニメーションのグラフを、Gifアニメとして保存する機能をつけました。
  • データフォームの変数範囲の入力をコンボボックスに変えて、リストから選択できるようにしました。 もちろん、式をタイプすることもできます。  
         
  • 以下はバージョン3.00での変更点です。  
        
    1. 平面のグラフを GDI+ を用いた描画にアップグレードしました。 塗りつぶしの色と透明度が指定でき、パターンの数が大幅に増えました。   
    2. グラフのクリップボートへのコピーで、pngを加えました。  
    3. グラフを画像としてファイル( bitmap、png, gif )に保存できるようになりました。  
    4. データファイルの拡張子を  .GCP  に変えました。以前のデータファイル *.GCDは 読み込めますが、新しいデータファイルは古いバージョンでは読み込めません。  

GCalc活用研究  のページを作りました。

  「Gcalc-Plusでこんなことができる、できた」という報告を掲載します。
  
3次元陰関数曲面 (x^2-1)^2+(y^2-1)^2+(z^2-1)^2 == 1.5   2次元密度プロット マンデルプロ集合
  • 三次元の直交座標曲面、球面座標曲面、円筒座標曲面、陰関数表面、媒介変数曲面、空間中の曲線が描けます。
  • 二次元の陽関数、媒介変数関数、極関数、陰関数、領域(不等式)、ベクトル場、密度表示にも対応。
  • Windows XP, Vista、7、8、10 に対応。
Delphi Components
自作のコンポーネントです。主に GCalc 作成のとき必要に迫られて作りました。

Simulations
物理の授業で使える(!?)簡単なプログラムです。Delphi 5 で作成しました。
シンセサイザーもどきやドップラー効果のデモなどがあります。

我が家へようこそ